〒370-3602 群馬県北群馬郡吉岡町大久保112-2

診療時間
09:00~12:25 × ×
13:30~17:30 × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0279-55-1181

当院の入れ歯治療の特徴

学会認定医「入れ歯の専門家」による治療

当院の院長は歯科医師になって以来、30年以上(※)にわたって数多くの入れ歯治療を手がけてきました。

「よく噛める・痛みのない・外れない」入れ歯をつくるには、治療過程での精密な型採りや咬み合わせの分析が必要です。またこれらは歯科医師なら誰でもできるわけではなく、遂行するには豊富な経験と高度な技術の習得が欠かせません。

その点、院長は日本顎咬合学会認定医の資格を持っており、咬み合わせにこだわった入れ歯治療を得意とする「入れ歯の専門家」です。また、やさしく丁寧な診療をモットーとし、患者さまの想いやお悩みをじっくりお聞きし、不安を取り除いていきながら治療を進めていきます。

「入れ歯が痛い」「噛めない」「外れる」といったお悩みがありましたら、ぜひエース歯科にお任せください。

※2019年現在

手間を惜しまない、こだわりの入れ歯

「よく噛める入れ歯」をつくるには、ご自身の歯があった頃のあごの位置や咬み合わせを、どれだけ正確に再現できるかが重要です。

そのために当院では、精密な型採りや丁寧な咬み合わせの分析のほか、完成した入れ歯がスムーズにフィットするよう事前にリハビリ用の入れ歯を製作するなど、さまざまな入れ歯治療へのこだわりを持っています。

カウンセリングから検査・診断、入れ歯の製作まで、医院全体が一つのチームとして、患者さまに快適な入れ歯をご提供できるよう努めております。

精密な型採り

患者さま一人ひとりに「個人トレー」と呼ばれる型採り専用の道具をオーダーメイドで製作し、それを使用してお口の型採りをいたします。この個人トレーを使用することで、より精密な型を採取できます。さらに、変形が少なく高い精度の型を採るための特別な「型採り材」も使用しています。

オーダーメイドで製作する「個人トレー」

変形の少ない特別な「型採り材」を使用しています。

丁寧な咬み合わせの分析

咬み合わせの位置を正確に把握するために行っているのが、上下のあごの位置関係や下あごの動きを調べる「ゴシックアーチ検査」です。時間をかけて咬み合わせる時のあごの動きを検査・分析し、入れ歯の咬み合わせに反映させています。この検査を経て製作した入れ歯は違和感が少なくなり、「噛める感覚」が格段に変わります。

手間を惜しまない咬み合わせの調整

当院では入れ歯の咬み合わせを調整する際に、調整に用いる「咬合紙(こうごうし)」を2種類用意し、手間と時間をかけて丁寧に進めています。

リハビリ用入れ歯の製作

「リハビリ用の入れ歯」
咬み合わせのずれを解消します。

お口に合っていない入れ歯を長く使い続けていると、徐々に咬み合わせがずれてしまうことがあります。その状態で新しく入れ歯を製作しても「噛めない」「痛い」「外れやすい」などさまざまな問題が生じがち。そこで当院では、入れ歯をつくる前に咬み合わせを本来の正しい位置に回復させる「リハビリ用の入れ歯」を製作します。リハビリ用の入れ歯をしばらく使っていただき、咬み合わせのずれが解消されてから最終的な入れ歯を製作することで、噛みやすい入れ歯が完成するのです。

歯科技工士による診療への立ち会い

エース歯科の入れ歯製作の過程では、必要に応じて歯科技工士が診療に立ち会い、直接患者さまのお口の中を確認することもあります。

通常、歯科技工士は採取した型から再現した患者さまのお口の中の模型を元に入れ歯を製作します。しかし模型だけでは、頬や唇、お口の内側の粘膜などの状態まできちんと把握することはできません。しかし、歯科技工士が診療に立ち会い直接お口の中を確認することで、患者さま一人ひとりのお口の細かな部分まで考慮した、ぴったり合う噛みやすい入れ歯の製作が可能になるのです。

このような取り組みには手間も時間もかかりますが、噛みやすい入れ歯をつくるためには必要不可欠なことだと私たちは考えています。常に丁寧に、一つひとつの工程にこだわって治療にあたっています。

コミュニケーションを大切にしています

患者さま目線に立ったコミュニケーションやカウンセリングを心がけ、「お口の中」だけを診るのではなく、患者さまの「生活背景」までを知った上で、一人ひとりに合わせたご提案やアドバイスをいたします。そして、何でも気軽に相談していただける雰囲気づくりにも努め、きちんと話し合ってから治療を開始。「今何をされているのかわからない」と不安になることのないように診療にあたっております。

入れ歯についての豊富な知識と経験を持つ歯科医師・スタッフがチームとなり、皆さまのお悩みを解決します。どんなことでもお気軽にご相談ください。

信頼のおける技術を持つ歯科技工士と提携

入れ歯や歯の詰め物・被せ物などは、歯科技工所で歯科技工士という専門家が製作します。技工所・技工士にはそれぞれ得意分野があり、「入れ歯を主に製作している」「詰め物・被せ物が得意」など特徴はさまざまです。そこで当院は、入れ歯製作が得意であり、なおかつ実績が豊富な技工所と連携し、より質の高い入れ歯治療を目指しています。

当院が入れ歯製作を依頼している「近藤義歯研究所」は、「ワールドBPSデンチャーコンテスト(※)」という大会で入賞した2名の歯科技工士が在籍する、実力ある歯科技工所です。 歯科技工士は、入れ歯治療において歯科医師と並ぶもう一人の専門家です。当院では信頼できる技術を持つ技工所と密に連携をとり、患者さまのさまざまなご要望を反映した精密な入れ歯をおつくりしています。

※「ワールドBPSデンチャーコンテスト」とは、世界中から集まった入れ歯づくりのエキスパートが技術の高さを競い合う、いわば「入れ歯のワールドカップ」です。

緻密な設計書を作成します

入れ歯製作には、緻密な設計書の作成も重要です。当院では設計書作成の段階から歯科技工士の意見を取り入れての相談を重ね、患者さま一人ひとりのご希望に合った入れ歯のご提供に努めています。実際に治療にあたる歯科医師と、入れ歯製作の専門家である歯科技工士が密に連携をとることで、細かな部分の調整までを可能にし精密な入れ歯をつくり上げているのです。

今後も歯科技工士と協力し、より快適にお使いいただける入れ歯製作に努めます。

「美しく」「噛みやすい」入れ歯メニュー

エース歯科は、保険診療・自費診療どちらの入れ歯治療にも対応しており、保険診療であっても噛みやすい入れ歯の製作が可能です。しかし保険診療には素材や治療法などにさまざまな制約があり、自費診療に比べるとどうしても劣る部分があるのも事実です。

例えば保険診療の場合、歯ぐきにあたる「床(しょう)」部分の素材には歯科用プラスチックしか使用できません。この素材は強度を出すために厚みを確保する必要があり、その結果食べ物の味や温度を感じにくく「食事がおいしくない」と言われる患者さまも少なくありません。また装着時の違和感も大きく、入れ歯をお口に入れること自体が苦痛になってしまうケースもあります。

こういった点を考慮し、当院ではより快適な入れ歯を求められる方には、自費診療の入れ歯をご提案しています。自費診療は保険診療と違い、使用できる素材の選択肢が豊富なため、患者さまの状況に合わせて適切なものを選択することが可能です。床の部分を金属やシリコンで薄くつくることができるため、食事をおいしく味わい、装着時の違和感を軽減できます。

さらに自費診療の場合、治療法にも制限がないため、特別な材料を使った精密な型採りや咬み合わせの分析検査など、工程を増やしてより丁寧に治療を進められます。その結果、「食事や会話で困らない」「外れない」「美しい」入れ歯をおつくりできるのです。

ノンクラスプデンチャー

見た目も美しく、安定性も追求した
「ノンクラスプデンチャー」

保険診療の入れ歯にある金属のバネ(留め金)がない部分入れ歯です。バネがないため見た目が自然で美しく、残った歯への負担も少ないのが特徴です。また保険診療の入れ歯より安定性がよく、よりしっかり噛めるようになります。

金属床義歯

歯ぐきと接する「床」部分に金属を使用した入れ歯です。耐久性があり、床を薄くできるため、装着時の違和感を軽減できます。

BPSデンチャー(精密義歯)

歯があった頃のお口の状態を精密に再現した、リンゴを丸かじりできるほど噛みやすい入れ歯です。保険のレジン(歯科用プラスチック)を用いた入れ歯より、色調が自然で歯ぐきも本物のように見えるため、入れ歯だと気づかれにくい点もメリットです。また、入れ歯本体の水の吸収や色素の染み込みもほとんどなく、長期的に使用しても見た目をきれいなまま維持できます。さらに変形が少なく、時間の経過によってお口に合わなくなるリスクも低減されます。

当院ではこのようにさまざまな自費診療の入れ歯メニューをご用意していますが、患者さまに無理にご提案することはありません。また保険診療・自費診療を問わず、入れ歯の紛失予防策として名入れサービスを有料にて提供させていただきます。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

以下もご覧ください

30年以上の実績がある日本顎咬合学会認定医の院長が、確かな技術を持つ歯科技工士と連携し、医院全体がチームとなって噛みやすい入れ歯をご提供します。

入れ歯の治療には、保険診療のものと自費診療のものがあります。両者にはどのような違いがあるのかを解説します。

保険診療でお作りする入れ歯をはじめ、「ノンクラスプデンチャー」や「マグネットデンチャー」などの自費診療の入れ歯も多数ご用意しています。

患者さまのお話をじっくり伺い、必要に応じて歯科技工士が診療に立ち会ったり、複数の方法で型採りをしたりしながら、丁寧に治療を進めていきます。

12台分の駐車場のほか、院内にキッズスペースやオペ室をご用意するなど、患者さまの立場に立った医院づくりを心がけています。

「自費の入れ歯は保険の入れ歯とどう違う?」「入れ歯の定期検診はどれくらいの間隔で必要?」など、よくあるご質問にお答えします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

0279-55-1181

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:25
午後:13:30~17:30
休診日:木曜・日曜・祝日

0279-55-1181

〒370-3602
群馬県北群馬郡吉岡町大久保112-2
駒寄スマートインターから側道を通り5分